ドローン部活動報告 1月

2018年1月28日

クリエイティ部のプロジェクトのひとつ、ドローン部の活動を紹介いたします。

ところで皆さん、ドローンって何だかご存知ですか?正確には、無人で遠隔操作や自動制御によって飛行できる航空機の総称。別名無人航空機とも呼ばれていて、昔からあるラジコンヘリや、農薬散布のヘリと同様に、実は誰でも飛ばすことができるものなのです。近年のドローンブームにより、事故やトラブルが相次いだことで、2015年12月に航空法が改正され、無人航空機の飛行ルールに関する規定が追加されました。空港等の周辺や、高度150Mより上空、人口密集地区での飛行、さらには夜間飛行など様々な禁止項目が定められ、そのルールを犯した場合には50万円以下の罰金が課せられることもあるのです。

このように基礎知識の習得と、飛行可能地区での飛行訓練を十分に積み、2017年、フォー・ファイヴでは「JUIDA無人航空機操縦士」のライセンスも取得し、今話題のドローン研究をついにスタートさせました。愛機ファントム4-PROと一緒に、日本の絶景を撮りまくろう!というのが目下の活動目標です。

以下には2018年1月までに撮影した3作品を掲載します。木曽川の河川敷でのテクニカルトライアルから、小雪ちらつく冬の池田山、そして知多半島の朝日のロケ映像です。皆様どうぞお楽しみください。

また、forFiveではドローン撮影のお仕事も募集しています。お問い合わせは、当社ホームページからドローン担当柳原まで、ご連絡をお待ちしておりますmm